寄与分/弁護士法人アスタスク法律事務所(神戸)遺言・相続・遺産分割法律相談室

寄与相続人と寄与分の確定についてです。

 

 

第1 寄与分とは
相続人の中に,被相続人の財産維持または増加について特別の寄与をした者がある場合に,他の相続人との間の実質的公平を図るため,その相続人に対して相続分以上の財産を取得させる制度をいいます。

 

第2 特別の寄与


1 寄与行為は,主として無償,もしくはこれに準じるものであることが多いです。
すでに相応の金銭を得ているのであれば,すでに決済済みとして,寄与分として主張できる部分は残っていないと考えられるからです。


2 「特別な」寄与行為でなければなりません。
特別とは,身分関係に基づいて通常期待されるような程度を越える貢献をいいます。その理由は,夫婦間の協力扶助義務,直系血族・兄弟姉妹の扶養義務,直系血族・同居親族の相互扶け合い義務の範囲内の行為は,「寄与分」として相続分を修正(増加)する事由とは認められないからです。

 

 

第3 寄与の類型・態様


1 事業従事型 
被相続人の営む事業に対して無報酬あるいはそれに近い状態で従事し,労務を提供して,相続財産の維持または増加に寄与したタイプ
「特別の寄与」に該当するか否かの判断にあたっては,被相続人との身分関係,労務を提供するに至った事情,労務提供の時期及び期間,労務の内容,報酬の有無・報酬を受けていればその金額(第三者を雇用した場合の給料の差の有無),寄与行為時の社会通念や家業の通常の経営形態,労務の提供による財産上の効果,などの事情が総合的に検討されます。

 

2 財産出資型
被相続人やその事業に対して,財産上の給付あるいは財産的な利益を提供して財産を維持・増加させ,あるいは,債務の返済などにより被相続人の財産の維持に寄与するタイプ
「特別の寄与」に該当するか否かの判断にあたっては,財産給付の実態(財産給付の時期及び期間,提供した財産の内容,金銭などを提供するに至った事情,財産提供の事実を裏付ける資料の有無),被相続人との身分関係,反対給付として金銭や物品を得ていればその価額,財産給付による財産上の効果,などの事情が総合的に検討されます。

 

3 療養看護型
被相続人の療養看護を行い,医療費や看護費用の支出を避けることによって相続財産の維持に寄与するタイプ
療養看護の必要性(被相続人の当時の病状),被相続人との身分関係,療養看護を行うに至った事情,療養看護の時期及び期間,療養看護の内容,報酬の有無・報酬を受けていればその金額,療養看護による財産上の効果,被相続人との同居の有無,同居の場合にはその期間と同居中の住居費や生活費などお負担状況,被相続人が必要としていた具体的看護の内容,具体的看護に関する内容,などが総合的に検討されます。

 

4 扶養型
特定の相続人のみが被相続人を扶養し,被相続人の支出を減少させその財産の維持に寄与するタイプ
特定の相続人が被相続人を現実に引き取って扶養する場合と,特定の相続人が扶養料を負担する場合が考えられます。
扶養義務の有無及び分担義務の限度,被相続人の当時の生活状況・経済状況,被相続人が必要とした扶養の具体的内容,被相続人との身分関係,扶養の時期及び期間,扶養の内容,被相続人との同居の有無,相続人が受けた利益,相続人らの扶養義務及び扶養能力の内容,扶養に要した費用に関する内容,などが総合的に検討されます。

 

5 財産管理型
被相続人の財産管理をし,被相続人が管理費用の支出を免れるなどして被相続人の財産維持に寄与するタイプ
被相続人の財産状況,必要と認められる具体的財産管理の内容,被相続人との身分関係,財産管理を行うに至った事情,財産管理を行った時期及び期間,財産管理の内容,財産管理による財産上の効果,財産管理に要した費用に関する内容,などを総合的に検討されます。


6 その他

 

 

第4 寄与分を決める手続
寄与分の決定は,まずは相続人間の協議,これがまとまらなければ家庭裁判所の調停・審判によることになります。


1 協議
協議は,相続人全員で行うことが必要で,相続開始後遺産分割協議終了前までに寄与分を決めることになります。


2 調停(調停が不成立の場合は,審判になります)
相続開始後遺産分割終了前に,「寄与をしたと主張している人」が「その他の相続人全員」を相手に,家庭裁判所に調停を申し立てます。

 

 

 

 

→ 「トップページに戻る」はこちら  

 

→ 「Q&A(よくあるお問い合わせ内容について)」はこちらへ

 

→ 「遺産分割の大まかな流れ」はこちらへ

 

→ 「遺産分割の手段方法」はこちらへ

 

→ 「遺言書が見つかった場合」はこちらへ

 

→ 「相続人の確定」はこちらへ

 

→ 「相続分の確定」はこちらへ

 

→ 「遺産の範囲の確定」はこちらへ

 

→ 「相続放棄など」はこちらへ

 

→ 「相続財産の評価」はこちらへ

 

→ 「特別受益」はこちらへ

 

→ 「登記や預貯金払戻請求」はこちらへ

 

→ 「相続税」はこちらへ

 

→ 「事務所案内」はこちらへ

 

→ 「業務内容」はこちらへ

 

→ 「料金」はこちらへ

 

→ 「お問い合わせ」はこちらへ

 

 

お問い合わせはこちらへ

 

弁護士法人アスタスク法律事務所

兵庫県神戸市中央区古湊通1丁目2番5号

DAIEIビル5階

TEL 078-351-2746

(電話受付:平日9時~17時。ただし,祝祭日,年末年始,ゴールデンウイーク期間,お盆前後は除く。)

FAX 078-341-8457

 

事務所代表者(ホームページ運営責任者)の弁護士国枝俊宏です。親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談下さい。

なお,法律相談は電話による事前予約制です。法律相談料は30分5400円(消費税込)です。 

 

 

→ 当事務所の交通事故問題専用ホームページ「神戸市の交通事故相談なら弁護士法人アスタスク法律事務所」はこちらへ。

 

→ 当事務所の離婚問題専用ホームページ「神戸・離婚相談センター」はこちらへ

 

→ 当事務所の不動産問題専用ホームページ「不動産(土地,建物,マンション,借地,借家)法律相談室」はこちらへ。

 

→ 神戸市北区(西鈴蘭台南五葉)で開催の出張法律相談会のホームページはこちらへ